「日奈久間」タグアーカイブ

日奈久温泉 開湯600年

  • 発見されて600年が経つ古き日奈久温泉は、現在泉源が16あります。泉源深度は地下100m以内と浅く、湯量が豊富で温泉宿のほとんどが“かけ流し”の湯。
    泉質はアルカリ性単純泉で関節痛、神経痛、冷え小などに効くと言われています。陶器には特産の晩白柚風呂が楽しめます。
  • 日奈久温泉の歴史
    応永16年(1409)
         日奈久温泉が発見される
    応永26年(1419)
         (中町に)弁天社建立
    寛永9年(1632)
         細川忠興公、八代城主に
    慶安3年(1650)
         細川綱利公、肥後藩主に
    明暦3年(1657)
         浴室を大改築し藩営温泉に
    天明4年(1785)
         大火災、弁天社類焼
    文政5年(1822)
         現在地に社殿建立、遷座
         ※欄間彫刻は当時のもの
    文政7年(1824)
         柳湯、築地湯海中に発見
    天保11年(1840)
         地震により神社倒壊、すぐに改築
    明治20年代
         人力車が八代~日奈久間走る
    明治29年(1896)
         門司~八代間鉄道開設
         乗合馬車が八代~日奈久間で営業
    大正12年(1923)
         八代~日奈久間鉄道開設
    昭和5年(1930)
         種田山頭火「おりや」に宿泊
    昭和42年(1967)
         日奈久温泉センター完成
    平成21年(2009)
         日奈久温泉開湯600年